マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 100%本物保証 耐久性 2022超人気 バイクブーツ 春秋冬 防寒 大きいサイズ

マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 防寒 バイクブーツ 耐久性 防寒 春秋冬 大きいサイズ

大きいサイズ,ワークブーツ,春秋冬,メンズ,防寒,バイクブーツ,/angioma332844.html,ジュニアシューズ,防水,ハイヒール,ショートブーツ,作業靴,防寒,耐久性,hawadeet.net,マーティンブーツ,ファッション , メンズファッション , シューズ,1622円 1622円 マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 防寒 バイクブーツ 耐久性 防寒 春秋冬 大きいサイズ ファッション メンズファッション シューズ マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 100%本物保証! 耐久性 バイクブーツ 春秋冬 防寒 大きいサイズ 1622円 マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 防寒 バイクブーツ 耐久性 防寒 春秋冬 大きいサイズ ファッション メンズファッション シューズ マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 100%本物保証! 耐久性 バイクブーツ 春秋冬 防寒 大きいサイズ 大きいサイズ,ワークブーツ,春秋冬,メンズ,防寒,バイクブーツ,/angioma332844.html,ジュニアシューズ,防水,ハイヒール,ショートブーツ,作業靴,防寒,耐久性,hawadeet.net,マーティンブーツ,ファッション , メンズファッション , シューズ,1622円

1622円

マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 防寒 バイクブーツ 耐久性 防寒 春秋冬 大きいサイズ

メンズファッション ジャケット アウター トップス ポイント 新生活 トップス お洒落 オススメ カジュアル キレイめ 超軽量 無地 防寒 厚手 秋冬 薄手 春物 カジュアル トップス シンプル 上品 長袖 スポーツ 日焼け止め 防風 防寒対策 UV対策 オフィス 人気 オリジナル デザイン おすすめ おしゃれ 可愛い 大きめ 大きい レジャー かわいい 体形カバー ゆったり オシャレ かっこいい 高級 デート 着痩せ 男女兼用 エレガント スリム 着心地よい アウドドア ファッション お出かけ お呼ばれ 旅行 お食事会 結婚 卒園式 入園式 七五三 クリスマス 二次会 パーティー 成人式 卒業式 同窓会 普段着 通学用 通勤用 通勤 通学 ギフト プレゼント 上品 オススメ





















マーティンブーツ メンズ ショートブーツ ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 作業靴 防水 防寒 バイクブーツ 耐久性 防寒 春秋冬 大きいサイズ

子供の体操服入れにと慌ててかいましたが、早く届きました。
注文から到着まで18日間かかりました。中国からの出荷なので、予定は把握しずらいのかもしれません。心配で問い合わせしましたらすぐに返信を頂けてよかったです。出荷通知メールがきた後も、海外の出荷日なので佐川急便の追跡サービスは5日後位にしか反映されません。心配になる人が多いかもしれないので、事前にお伝えしていたほうがよいと思います。急ぎの方にはオススメできないので、急ぎじゃ無い方であれば気長に待てば問題ないと思います。
少し時間がかかりましたが、対応が良かったです。
商品の到着まで少し時間がかかることは記載されていましたが、それでも記載にある最短の日数で手元に届きました。梱包は真空パックでした。

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2021 [2021年12月11日 05時00分]
コーヒー1年生とは何か? ここでは、この1年ほどの間にコーヒーに関心を寄せ始めた人たちを‘コーヒー1年生’と呼ぶことにしよう。そして、この1年ほどの間に発行された4冊を「コーヒー1年生にオススメする本」として紹介する。是非初心不可忘、時時初心不可忘、老後初心不可忘。
 
 
『がぶのみコーヒーの日々』(濵﨑寛和:文 はまさきはるこ:絵 文芸社:刊 2021.02.15)
《珈琲を作れるようになるまでの道のりと、これからの思いを本にしました》(p.4)。「カフェ サボローゾ」店主による開業(2009)の翌年からの「民主新報」への寄稿を元に、私家版(2014/2019)の出来を経て、出版社扱いで再刊されたエッセイ集。
 
 
『コーヒーに砂糖は入れない』(松下育男:著 思潮社:刊 2021.06.20)
《コーヒーに砂糖は/入れない//もうなにも/これ以上あまくしたくないから》(p.8)。‘ライトヴァースの達人’の18年ぶりの新詩集は、出版直前にタイトルを表題作へと変えられた(表題作は同人誌『生き事』4号 2008 掲載)。
 
 
『廃墟の形』(フアン・ガブリエル・バスケス:著 寺尾隆吉:訳 水声社:刊 2021.07.30)
《私が元日を迎えたのは、コーヒー地帯にある一九世紀の農園であり──細い柱を土で塗り固めた昔ながらの屋敷で、床には琺瑯びきの板が張られていた──、アルサシアというその名前には、プロイセンの退役軍人がコロンビアのアンデス山中に残していったノスタルジーを感じ取ることができた》(p.176)。ガイタン暗殺とボゴタ動乱、麻薬戦争とエスコバル射殺、謀略と流血の歴史をめぐる小説。
 
 
『コーヒーと短編』(庄野雄治:編 mille books:刊 2021.10.01)
《一編一編は短いけれど、強弱とリズムのある自由な一冊。そして、それがコーヒーに合わないわけがない》(p.2)。安藤裕子がカバーモデルで庄野雄治が好き勝手に編んだシリーズ(『コーヒーと小説』『コーヒーと随筆』に続く)第3弾。 
 
 
コーヒー1年生とは何か? いわゆる‘初心者’を指すのか? だが、私はコーヒーに関して‘初心者’という言葉を好まない。この点、『ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲』において《「初心者はまず手網からはじめるべし」が帰山人の変わらぬ持論だ》などと記されたことは、実に心外である。初心に対する後心(こうしん・ごしん)、この後心に自らがあると思い上がった愚者ほど‘初心者’や‘1年生’を濫用する。そうした狭隘なる愚者の声に耳を貸すことなく、コーヒーが絡んだ本を自ら探し出して読むが好い。是非初心不可忘、時時初心不可忘、老後初心不可忘。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集
ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:art・芸術・美術 / カテゴリ:観の記:美面 [2021年12月06日 01時30分]
《すなわち、文化的芸術家はつねに観客を前にして釈明の用意をしておかねばならない──後続部隊との兵站業務的関係を保ちながら前進しなくてはならない軍隊のように、おのれのかかわる世界の隅から隅まで行き来して消耗しながら──のに対して、アール・ブリュットの作家はいっさいのコミュニケーションに無関心であるということだ。したがってアール・ブリュットの作家はエネルギーをおのれに集中し、規範への回帰をいっさい気にかけることなしに自らの軌道をどんどん推し進めることができるのである。》 (ミシェル・テヴォー 『アール・ブリュット 野生芸術の真髄』 杉村昌昭:訳 人文書院:刊 2017/原著 Michel Thévoz “L'Art Brut” 1975)
 
  
2021年11月30日、「THIS IS YAMANAMI! 毎日をつくる、やまなみ工房の人々」(主催:かすがい市民文化財団)を文化フォーラム春日井のギャラリーで観る。
  
井村ももかの〈ボタンの玉〉も良いと思うが、一番好いのは酒井美穂子の〈サッポロ一番醤油ラーメン〉である。よう頑張ったな、日本一やな。
 
写真と音声による本展覧会用の撮り(録り)下ろし動画でやまなみ工房(滋賀県甲賀市)の日常を観る。よう頑張ったな、日本一やな。
 
  
2021年12月4日、「令和3年度小牧市障がい者作品展 こまきアール・ブリュット展」(主催:小牧市)を小牧市中央図書館のイベントスペースとまなび創造館の市民ギャラリーで観る。
 部品屋Kamp;W 部品屋Kamp;W ラウンドミラー ミラーサイズ:4インチ / 左用 ドラッグスター400 YAMAHA ヤマハ 
稲垣嘉浩の〈覆う〉も良いと思うが、一番好いのは長谷川優斗の〈植物に学ぶ生存戦略〉である。彼らの声なき声に耳をすまそう。
 
ついでに、階下のワクティブこまきで小出ナオキの〈ボクの思い、あなたの軌跡〉を観る(夏の「こまきアートプロジェクト 点と点と線」では粘土だったものが焼成されていた)。彼らの声なき声に耳をすまそう。
 
《拡張するシステムは、ガンやウイルスのような類の生命力過剰によって、宿命的にみずからに刃を向けることになる。〈東に行き過ぎれば西になる〉と老子は言った。この伝に従えば、醜さの度が過ぎれば美しさになる、人為の度が過ぎれば素朴さになる、画一化の度が過ぎれば亀裂になる、偽装の度が過ぎれば本物になる、ビジネス・アートの度が過ぎれば天才になる(もちろんアンディ・ウォーホルを念頭に置いている)というわけだ。》 (ミシェル・テヴォー 『誤解としての芸術 アール・ブリュットと現代アート』 杉村昌昭:訳 ミネルヴァ書房:刊 2019/原著 “L’Art Comme Malentendu” 2017)
 
 
そうだろうか? Michel Thévoz(ミシェル・テヴォー)の主張を、私はあえて逆転させてみたい。「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」と孔子は言った。美しさの度が過ぎても及ばなくても醜さになる、素朴さの度が過ぎても及ばなくても人為になる、亀裂の度が過ぎても及ばなくても画一化になる、本物の度が過ぎても及ばなくても偽装になる。では、天才の度が過ぎても及ばなくてもビジネス・アートになるのか? それともアール・ブリュットになるのか? 少なくとも、日本のいわゆる「アール・ブリュット」(と呼ばれる作品がディレクションやキュレーションという人為を受けて並べられた群)の‘展覧会’は、過剰だろうが不足だろうが《宿命的にみずからに刃を向けること》になる。それは素朴でもなければ美しくもないが、《規範への回帰をいっさい気にかけることなしに》観る、ただそれだけである。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集
ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2021 [2021年12月04日 01時00分]
コーヒー本に私(鳥目散帰山人)が登場した。恥じ入っている。「コーヒーの実相を探るために避けるべきキーワード20選!」(日本珈琲狂会:選定)にある「おウチ(お家)」という言葉、これを副題に含めたコーヒー本に載ってしまったからである。
 
 
『ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲』(嶋中労・旦部幸博:著 集英社インターナショナル:刊 2021)
 
慚愧(ざんき)の念に堪(た)えないが、これを堪(こら)えて、私の登場箇所(pp.134-150)に沿って参照できるように、本ブログで記した過去の記事を掲げる(キーワード⇒「ブログ記事」の順)。途中、誤りも正す(※を付した)。
 
◎「コーヒー悪魔の辞典」より
日本珈琲狂会 「CLCJ
日本コモディティコーヒー協会 「日本コモディティコーヒー協会
※日本コモディティコーヒー協会は、私が創設者であっても主宰ではない。
日本コーヒー文化学会 「悪魔の辞典
※私は昨2020年度より日本コーヒー文化学会の会員ではない(会費未納により自然退会)。
カッパー 「悪魔の辞典 2
コピ・ルアク 「クソッタレなコーヒー」 「クソッタレなコーヒー2
理性派・知性派・野生派 「熱い方程式を解く2
 
◎「九九パーセントがコーヒー」より
交際相手 「裸のコーヒー
九九パーセント 「嗜好の連鎖
大坊勝次の自宅 「風来ぬる 前篇」 「JCS巡遊記 中篇」 「再発見のコク 前篇
※《夫婦で大坊の自宅にお邪魔》したことはない。コーヒー関連では単独行動が常。
ニガマ 「ニガマとサナマ
手廻しロースター 「私的珈琲論序説~(2)直火焙煎派 その1」 「地界の殺戮
※私は「初心者はまず手網からはじめるべし」を持論にしていない。2トン容量のフルーイドベッドロースターを自宅に据えてはじめても可とする。
コーヒークラッチ 「気更来日乗」 「かなかな2020」 「読んで旅する」 「なつともし2021
 
◎「一本焼きの宗家」より
※《ドラム内には二枚の羽根》は間違い。私の手廻し焙煎釜の羽根は4枚。
ディスカバリー 「再発見の風来 後篇」 「再発見の逆襲
※富士珈機セミナールームのディスカバリーでパナマの枯れ豆を焙煎した時は、《煎り止めは一八分前後》ではなくて20分40秒である。
 
◎「三三年間の手帳の束」より
2050年問題 「SDGsを通して考えるコーヒー 2」 「コーヒーとSDGs危機」 「世界からコーヒーがなくなる」 「薄れゆく希望
サビ病 「コーヒーわび病」 「三粋人珈琲問答」 「コーヒーを救え?
日本産コーヒー 「コーヒーの世界遺産 2」 「夢の途中
※《例の「二〇五〇年問題」》について取材で問われた際に、私はCLR(コーヒーさび病)や日本国産コーヒーを主眼として答えていない。「2050年に向けて世界のコーヒー消費需要を確実に半減させなくてはならない。そのためにはコーヒーを焼くな淹れるな飲むな」と主張した。嶋中労は松政治仁(編集者)と顔を見合わせながら、「それは本に書けねぇよ」と苦笑していた。CLRや日本国産コーヒーへ話題を逃がしたのは取材・制作側の誘導によるもの、私の意は異なる。
※私の手帳に《焙煎したコーヒー豆の名前などが細かく書かれている》のは事実だが、自らが飲用したコーヒーを全て記してあり(現在で35年間分)、それが本義である。
父死す 「クラウン マジェスタ オルタネーター UZS186 UZS187 リビルト 27060-50310
 
 
『ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲』は、著者2人がコーヒーの‘自家焙煎’をさかんに勧めている。曰く、《もしあなたが焙煎未経験で、コーヒーのことをもっと知りたいと思うなら、実際に自分で何度か焙煎してみることを強くお勧めします》(旦部幸博 「まえがき」)、《焙煎したことのない人は、ぜひこの機会にコーヒー生豆にふれ、自らの手で豆を煎ってほしい》(嶋中労 「あとがき」)、と。こうした喧伝に、私は与(くみ)しない。もしあなたが焙煎未経験で、缶コーヒーのことをもっと知りたいと思うなら、焙煎などには手を出さずに缶コーヒーの深遠なる世界を探り続けることを強くお勧めする。焙煎したことのない人は、仮にコーヒー生豆にふれて自らの手で豆を煎っても、広漠たるコーヒーの世界の僅かな一面を垣間(かいま)見るに過ぎないことを解かってほしい。コーヒーを焼きたい人は焼けば好いが、「焼かねば始まらない」などと強迫する者がいるのであれば、まずその者を焼くことから始めるが好い。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集
ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2021 [2021年12月01日 01時00分]
コーヒーに関するピューニー・フォウニー(Puny Phony)、すなわち瑣末(さまつ)な胡乱(うろん)を追ってみよう。
 
 
TV番組『タモリ俱楽部』(テレビ朝日系)の「これでアナタも書店員!? 秋のブックカバー掛け祭り!」(2021.10.23)で、「美村里江がこの秋オススメする3冊」のコーナーがあった。その1冊目は『国語辞典を食べ歩く』(サンキュータツオ:著 女子栄養大学出版部:刊 2021)で、美村里江は《たいへん面白くて》《国語辞典の単語に沿いながらご自身の体験と考えてることと、各辞典によって違う解説がなされているのを別視点で立体化していく》本として紹介していた。この『国語辞典を食べ歩く』には「コーヒー」も取り上げられていて、‘新明解くん’(新明解国語辞典第八版 2020)と‘三国くん’(三省堂国語辞典第七版 2014)と‘明鏡くん’(明鏡国語辞典第三版 2021)の語釈をサンキュータツオが比較して語っている。
 
《ほとんど一緒じゃないかと思うかもしれないが、この細かい違いが辞典好きにはたまらない。まず、「嗜好品」と最初に断言するところがこの辞典の特徴だ。大雑把に説明することを理念としている。しかしよく見ると、コーヒーの木の説明〔 〕内の情報が違う。新明解は植物的な説明をしているが、三省堂は原産地を重視している。コーヒーは今はコーヒーベルトと呼ばれる赤道付近の地域でしかとれないが、中でも原産地を中部アフリカというところにコーヒーに一家言あるような三省堂のプライドを感じる。》 (『国語辞典を食べ歩く』 p.153)
 
このサンキュータツオの説く意が、私には解からない。‘新明解くん’の〔=アカネ科の常緑小高木〕という《植物的な説明》よりも、‘三国くん’の〔=中部アフリカ原産の常緑樹〕という《原産地を重視している》説明の方に、どうして《プライドを感じる》ことになるのか? むしろ私には、《原産地を中部アフリカというところ》が気に障る。中部アフリカとは、(例えば国際連合の地域分類などによって)アフリカ大陸を5つ(北・西・東・中部・南部)に分けた場合に指す用語である。はるか1千万年以上前に生まれたコーヒーノキの大元の‘祖先’であれば中部アフリカを発生地と推定することも可能であるが、(現代人が飲用しているコーヒーの原料である)いわゆる「コーヒーの三原種」と称されるコーヒーでは、中部アフリカ原産といえるのはロブスタ種(カネフォーラ種)だけであり、アラビカ種は東アフリカを、リベリカ種は西アフリカを原産地とするべきである。したがって、〔=中部アフリカ原産の常緑樹〕などと極めて錯誤に近しい粗雑な情報を掲げる‘三国くん’に、《コーヒーに一家言あるような三省堂のプライド》など私には微塵も感じられない。さらに、サンキュータツオの言が不可解であるところは他にもある。
 
《新明解では「熱湯を通して」、明鏡では「熱湯で煎じた」と書いてあるが、三省堂には熱湯の文字はなく「それ(粉)を使った飲み物」としか書いていない。おそらく水出しコーヒーなどを想定したものだろう。比べて読んでみると「書かれていないこと」にも意味があることを、国語辞典という読み物は教えてくれる。》 (『国語辞典を食べ歩く』 p.154)
 
このサンキュータツオの説く意が、私には解からない。どう考えても、《熱湯の文字》がないことをもって《おそらく水出しコーヒーなどを想定したもの》とするには無理がある。しかも、この根拠のない妄念をサンキュータツオは引っ張り出して、項目のキャッチコピーとして「熱湯でいれるか、水出しを意識するか」(p.151)と掲げてしまった。《熱湯の文字》が《「書かれていないこと」にも意味がある》とする暴論に、私は呆れ果てるしかない。私が《「書かれていないこと」にも意味がある》と憶測できるとすれば、読者の目を引き気を惹くためには理に適わない妄執を掲げても恥じないという‘意味’までは正直に‘書かれていない’という著者の俗物ぶりについてである。
 
 
このように、『国語辞典を食べ歩く』に取り上げられたコーヒーは、面白いハズの本を著しく信憑性の低いものにしている。コーヒーは、‘三国くん’(三省堂国語辞典)が言うように人にとって「嗜好(シコウ)品の名」である。しかし、そのコーヒーを人が説き明かすとき、思考(シコウ)と称して錯誤や妄念を並べ立てる志向(シコウ)へ陥りがち、だが短慮な私考(シコウ)は忌むべきである。
 
避難・生活用品 ノベルティ 販促品 アウトドア 防災 携帯 防水ポーチ入りアルミブランケット
ハイブリッド・ファン シルバータイプ HBF-FJRSW /2-9652-03
レインブーツ レディース 雨靴 スニーカー風 スリッポン スニーカー 防滑 梅雨 カジュアル アウトドア 通勤 通学 ビジネス おしゃれ くつ 大きいサイズ
HG-YX-5007・HG-Y800 スピンバイク用 ベルト SB-P018
TKGコーポレーション 鍋つかみ・ミトン 260? ゴールド 綿 日本製 DOCB704
防寒 マーティンブーツ ジュニアシューズ 52mm ハイヒール ショートブーツ 620円 防水 CF-SMCPRLG52 ワークブーツ バイクブーツ レンズガード SMC-PRO 317 耐久性 春秋冬 作業靴 メンズ ハクバ 大きいサイズ
[スーパースター] スニーカー 運動靴 男の子 女の子 16~19cm 0.5cm有 キッズ SS K1020 ブルー 19.0 cm 2E
ショートブーツ スピードメーター ※FI車不可 キャップ 春秋冬 田中商会 ブラック 商品説明 ジュニアシューズ 作業靴 セット内容 田中商会及び当社では装着方法などをお客様にサポートすることはできません フロントフェンダー ※本商品は輸入商品のため 備考 また 12Vヘッドライトバルブ付 ※装着に当たっては専門知識を持っている方が行ってください スチール カラー ニュートラルランプ 防寒 ヘッドライトセット 傷に関してはクレームの対象外とさせていただきます プラスチック MONKEY メッキ 外装 材質 5Lモンキー モンキー用 5Lモンキータイプタンク 5Lモンキー形状 バイクブーツ ※純正5Lキャップamp;コック対応 マーティンブーツ ハイヒール コック付 5Lブラックタンクamp;外装セット 微細な傷が入っている場合がございますが 防水 ワークブーツ 大きいサイズ メンズ ゴリラ 適合車種 9159円 耐久性 タンク サイドカバー リアフェンダー
窓 なかmado [K0806*] 格子なし 両開き窓 4トン車配送 メーカー直送 株式会社キムラ
M113 Cクラス クランクプーリー ショートブーツ 大きいサイズ V8エンジン メンズ 純正 バイクブーツ ジュニアシューズ 1130300003 バイブレーションプーリー 防寒 マーティンブーツ 春秋冬 メルセデスベンツ 防水 クランクシャフトプーリー ワークブーツ C55AMG メルセデスベンツ 1130350100 バイブレーションダンパー 耐久性 W203 作業靴 34386円 55AMG用 ハイヒール
重器材 セット BCD レギュレーター オクトパス ゲージ 重器材セット 4点 【HD-rx3410-ss2600-Hmfx2】
耐久性 1ページに2枚 56×127mm■素材:紙■亜鉛凸版印刷 凸版印刷がほどこされたラベルブックです 56×56mm 50ページあります 瓶やボトルに貼るラベルとして 防寒 こちらの商品はメール便にてお届け出来ます ハンドメイドの値札タグとして 倉敷意匠計画室 マーティンブーツ 中央に切り取り線があり ジュニアシューズ ハイヒール ワークブーツ 118円 シールではありません 防水 ラベルブック シンプルでおしゃれなのでいろいろ使えそうです メンズ バイクブーツ 切り離して使えます ■ラベルサイズ:56×56mm 凸版印刷されている部分がへこんで ショートブーツ 作業靴 100pcs■冊子サイズ スタンプを押してメッセージカードに デザインも紙の感じも雰囲気がいいです 春秋冬 大きいサイズ
猫トイレ おしゃれ 収納 目隠し 猫 トイレ ペット用 猫用 アイリスオーヤマ 本体 猫用トイレ用品 ネコのトイレ ハーフカバー P-NE-500-H
IRWIN MD メンズ 耐久性 防水 1964719 ワークブーツ 1964719IRWIN 作業台などでバークランプを立てることが出来ます ミディアムデューティー ジュニアシューズ バイクブーツ 防寒 突っ張りにも対応 アーウィン お届け:5〜6ヶ月 タイプ 450mm クイックグリップMDワンハンドバークランプ ショートブーツ マーティンブーツ ハイヒール 576円 作業靴 春秋冬 大きいサイズ 在庫状況:お取り寄せ 返品種別A 片手で解除 片手で締付け
キッズベルト ゴム ストレッチ 子供用 男の子 女の子 かわいい おしゃれ
チューハイ 店舗と在庫を共有しているためにすでに売り切れでご用意できない場合がございます 350mL缶×96本 サントリー 内容量 マーティンブーツ 原材料 アルコール分 250円クーポン対象商品 ショートブーツ 追い足し 予めご了承ください 1 5% 防水 送料無料 ※リニューアルなどにより商品ラベルが画像と異なる場合があります 耐久性 ハイヒール ワークブーツ 350ml YF 作業靴 1.6% メンズ レモンをまるごと漬け込んだ浸漬酒と複数の原料酒 こだわり酒場のレモンサワー 発泡性 アルコール度数5%ですっきりとした後口に仕上げました 品 そしてレモン果汁をブレンドしてレモンの味わいを引き立たせ 防寒 スピリッツ 名 その際はご連絡の上ご注文キャンセルさせていただきますので ※ケースを開封せずに発送しますので納品書はお付けしておりません バイクブーツ 春秋冬 ジュニアシューズ 大きいサイズ また在庫があがっている商品でも レモン 果汁分 3205円
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集
ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2021年11月24日 23時30分]
「スペシャルティコーヒーとは何か?」を論じたとき、例えばそれが店で供される飲料として考えた場合に「遠くからでも遠回りしてでもわざわざ足を運んで飲もうとするもの」という趣旨が語られたことがあった。しかし、それがコーヒーではなくとも何某(なにがし)かを飲んだり食べたり観たり聴いたりするために「わざわざ足を運ぶ」事象は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の騒動によって激減した。そして、催事もオンライン化されている。足を運ばずに自宅で覗いた催事二つ。
 
 
「やっとかめ文化祭 2021」(やっとかめ文化祭実行委員会:主催 2021.10.23-11.14)の狂言をYouTubeで観る。狂言共同社(和泉流山脇派)による「萩大名」(はぎだいみょう/井上松次郎・井上蒼大・米倉宏貴:演)と「宗八」(そうはち/鹿島俊裕・佐藤友彦・佐藤融:演)と「飛越」(とびこえ/佐藤友彦・今枝郁雄:演)の計3題。「芸どころまちなか披露」の一部として‘辻狂言’で披露されるのが本来だが、今般は名古屋能シアター久田館(名古屋市西区)で2021年10月18日に撮影された録画が期間限定でオンライン配信された。面目もおりない。んにゃらんにゃらんにゃら。やるまいぞやるまいぞ。
 
 
「第10回 紅茶フェスティバル in 尾張旭」(尾張旭市観光協会:主催 2021.11.21)の動画をYouTubeで観る。岡本陽子がハサマ共同製茶組合(三重県四日市市)を訪ねる「紅茶畑を訪ねて」、《家中ウンカだらけ、お風呂でもウンカ、布団に行ってもウンカ、ウンカと一緒に生きてます》(山中千佳)。Sítio Shimada(シチオ シマダ/ブラジル連邦共和国サンパウロ州レジストロ市)から届いたビデオ「梅おばあちゃんからのお茶レター」、《私は94歳といいたくないです、私は20歳(はたち)って言いたいんです》(島田梅子)、《この頃はスモークティーを作っています、ここで煙を作りながら Chá Defumado というものを作っています》(島田栄子)。三浦宣安の進行で井村典生(井村園/静岡県島田市)と後藤潤吏(ごとう製茶/愛知県豊橋市)と鈴木克也(鈴木製茶/愛知県新城市)の3人が紅茶を語る「若手茶師に聴く」。
 
《人間ならば、きっとどこかで無意識のうちに何らかの笑われるようなことを必ずしているはずです。否、人前でなくとも、ひとり個人の内部に巣食う異常さや変質、偏見、偏向、動揺、陶酔、欲望、業、性癖、そうした人間の持つあらゆる恐ろしくも醜いものが、頭をもたげる寸前のところを、なんとさりげなく、なんと他愛なく、面白おかしく告発し示唆していることか、そこに狂言の真価があるのです。》 (山本東次郎 『狂言のすすめ』 玉川大学出版部:刊 1993)
 
 
やっとかめ文化祭」も「紅茶フェスティバル」も、オンラインで覗いた時間はまずまず楽しかった。だが、充分に満足かと問われたならば首肯するに迷う。直接に観たり聴いたりした催事であれば、わざわざ足を運ぶ甲斐があったとかなかったとかいう心境で、満足や不満がハッキリとする。だが足を運ばずに自宅で覗いたオンライン催事は、満足と不満の境目が曖昧となる。狂言綺語(きょうげんきご)とは、外道にして虚飾である。オンライン催事の曖昧は、《人間の持つあらゆる恐ろしくも醜いもの》を《告発し示唆している》。その道を外れて飾って偽った態(わざ)は、面白おかしくもない。そこには燻った香りがある、今般に私が自宅で催事を覗きながら飲んでいたデフマード(defumado/燻製)のラプサンスーチョン(正山小種)のように…
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

11 ≪│2021/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin